中古CD屋、ダーツ屋を経営するオヤジの日記。 「IMA-NOダーツ日記」の続編です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




色々なブログが見られます。下記をクリックしてどうぞ。
人気blogランキング


<私が運営しているお店です>

・CD,DVD,レコード 売るのも買うのも
 中古CDショップ ほんやらどお

・ダーツ用品のネットショップ
 ダーツ屋どっとこむ

・松本市にあるDarts Bar
 Restauran,bar&darts IMA-GINE


清水浩明が日本人として初めてBDO Lakeside World Darts Championship 2014に出場する事になりました。

BDO Lakeside World Darts ChampionshipはBDOが開催するトーナメントの中では最高峰のものです。

フィル・テイラーが世界チャンピオン16回と言われるのは、PDC Ladbrokes World Championshipとこの大会を合計してのもの。
世界が認めるもう一つの世界タイトルです。

この大会に清水浩明の出場が決まりました。

既にトーナメントの組み合わせも決まっています。

Lakeside World Darts Championship 2014 Mens Draws

やはり日本人は1stラウンドからではなく、Preliminary Roundからなんですね。
その初戦の相手がオランダのChristian Kist。
この選手、2012年のこの大会のチャンピオンなんですよね。
えー、いきなり難敵です。

それに勝ちますと、第2シードのJames Wilsonです。
現在BDOランキング2位の選手です。
やはりこちらも厳しいですね。

その他の選手を見ますと、The Worldでも2度優勝して日本でも有名になってきたStephen Buntingが堂々の第1シード。
人気者のTony O' Sheaが第3シードです。
あとは、MartinAdamsも清水と同じPreliminary Roundからの出場です。

それ以外の選手は日本では馴染みは薄いですが、アベレージでは90中盤以降は打つ選手が多いですから日本人のレベルから見ますとPDC同様に非常に厳しい事には変わりありません。

ちなみに賞金額が出ています。

Lakeside World Darts Championship 2014 Prize Money

Preliminary Roundで負けると32万円ですか。
なんとか1stラウンドまでは進んで欲しいですね。


BDO Lakeside World Darts Championship 2014は2014年1月4日~12日までです。
清水浩明の応援を宜しくお願いいたします。


------------------

とここまで書きまして、思う事が有る方も居るかと思います。
思う所の多くは次の2つでしょう。

・どうやって決まったの?
・なぜ今頃発表するの?

その辺をぶっちゃけて書いてしまおうかと思います。

この推薦枠ですが正しくは「アジア代表枠」です。
この枠の依頼が有ったのが、World Cup前日のキャプテンミーティング中。
WDFは世界各国が加盟している組織ですが、総会とゆうのは開催が難しいのか前日のキャプテンミーティングが総会代わりとなっているようです。
ここでBDOからアジア各国に「World Darts Championship」へ代表を1名選んで派遣して欲しいと依頼がありました。
ただ、World Cupに出場していたのは日本だけで、実質的に日本のJSFDに全ての権利が委ねられました。
1週間後のWORLD MASTERSの前日にWorld Darts Championshipの予選であるLakeside Playoffが開催されるので、それまでにそれ以外の選手の確定をする為、JSFDでの決定期限はWorld Cup中ということでした。
もちろん、そのための予選会を開催は無理です。
JSFDのランキングで選手派遣をする事になったようです。

JSFDのポイントシステムも少々複雑で、World Cupの日本代表のランキングは清水浩明と浅田斉吾が同点で1位ですが、日本ランキングは饗場克也が1位で2位が清水浩明となっています。
PDCチャレンジファイナルに饗場さんが推薦されたのもこの順位から。
今回も饗場克也に出場の確認をおこないましたが、日程的に難しい事からランキング2位の清水浩明に決りました。

ですのでWorld Cup中には清水浩明の出場は決まっていました。
私もカナダから電話をもらい、初日にはこの事は知っていました。

発表できなかった理由は2つあります。

1つはWDFに加盟する他のアジアの国々への状況説明と来年以降のルールの取り決めが必要な事。
もう1つはPDCとBDOの関係から。

PDCとBDOには選手はどちらにも加盟できるようですし、大会に参加する事ができるようです。
日本のソフトダーツのようには厳しくないようですが、World Championshipに関しては話が別のようです。
同じ年に両方の本戦には出場が出来ません。(予選は構わないようです)

PDC Ladbrokes World Championshipの予選でも有るPDCチャレンジ・ファイナルに清水は出場が決まっていました。
BDOの本戦に出場が決まったわけですから、PDCの予選に出ても問題がないのか?
もし優勝した場合BDOとPDCに対してどうしたらいいのか?
この辺は実にデリケートな問題なんですよね。

この辺はJSFDの理事とPDJの役員がミーティングをして、PDCチャレンジ・ファイナルへの出場は可能な状況になりました。
ただ、優勝した場合の対応に関しては不透明なままでした。
PDCチャレンジ・ファイナルで清水浩明が負けた事で、この問題に関しては終止符が打たれました。
私がTwitterとFacebookで「肩の荷がおりました」と表現したのはこの事です。


それから来年以降に関してですが、BDO Lakeside World Darts Championshipのアジア代表に関しては日本で予選の大会をするようです。
オープン大会になるのか、各国の代表者を集めてやるのか、細かい事は決まっていませんが開催するようです。
JAPAN OPENの前後に合わせてやれば、選手は大変でしょうが海外から来る選手には参加しやすいんじゃないでしょうかね?


実はこの件で多くのからメールやBlogでお祝いのコメントをいただいておりましたが、状況がはっきりしない為お返事もせず大変失礼をいたしました。
この場になりますが、多くの方にお詫びをしたいと思います。

最後にPDCチャレンジ後ここまで発表をしなかったかといいますと、JSFDの発表を待っていた事も有りますし個人的に忙しかったのが本当です。

お知らせが遅くなり申し訳ありません。

これからも清水浩明とダーツ屋どっとこむを宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト




色々なブログが見られます。下記をクリックしてどうぞ。
人気blogランキング


<私が運営しているお店です>

・CD,DVD,レコード 売るのも買うのも
 中古CDショップ ほんやらどお

・ダーツ用品のネットショップ
 ダーツ屋どっとこむ

・松本市にあるDarts Bar
 Restauran,bar&darts IMA-GINE


ありがとうございます
PDC程ではないって事は確かなんですが、じゃあBDOは日本人から見て簡単なのかと言われるとそうでもない。
やっぱり日本人から見るとあれを勝つのはそうとう難しいと思うんですよね。

Scott Waitesなんかもここしばらく良くないようですが、調子がいい時はPDC GRAND SLAMで優勝するくらいですから。
仕事等の都合で大会の少ないBDOでやっている選手も居るでしょうしね。

でも、生で見てきた私よりも清水や斉吾の方が近いと思っていると思います。

ともかく1回戦まではたどり着いて欲しいなあと切に思っています。


BDO World Trophyは饗場さんに決まっています。
決定に関する詳細は上記と同じです。

これからも宜しくお願いします。
【2013/11/26 Tue】 URL // IMA-NO #- [ 編集 ]
応援しています
改めて清水選手のLakeside出場おめでとうございます。
アジア代表決定の詳細、興味深く読ませていただきました。

BDOでは95以上を出す選手はそうそういませんよ。
2013年のLakesideではR2でStephen Buntingが出しただけですし、
R2までは90以上でもあまりありません。
R1では70台でも突破している選手すらいます。
全て80代前半の平均値で準決勝まで到達した選手もいますし、
90以上なければR1突破はまず不可能なPDCのWDCと異なると思います。
勿論、平均値だけでは決まりませんが、
それほど恐れすぎずに立ち向かっていってほしいと思います。

BDOが新たに行うBDO World Trophyもアジア枠があるようで、今回の流れから行くと、予選は日本で行われるのでしょうか?
こちらも清水選手が出場できると良いですね。
【2013/11/25 Mon】 URL // sun #fEXNkyrU [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://imano.blog44.fc2.com/tb.php/1775-7b39c6f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 マニアの巣 ダーツ&CD店社長のBlog all rights reserved.
カテゴリー
月別アーカイブ

プロフィール

IMA-NO

Author:IMA-NO
「中古CDショップ ほんやらどお」、「DartsPub&Shop IMA-GINE」を経営しています。
画像は僕の顔からデザインして作ってもらった、IMA-GINEのシンボル・マークです。
ダーツのサイト「DartsFan松本」の管理人でもあります。

リンク

ダーツショップ
  ダーツ屋どっとこむ
ダーツショップ ダーツ屋どっとこむ
ダーツショップ

中古CD買取と販売
    ほんやらどお
中古CDショップ ほんやらどお
ほんやらどおのトップ・ページ
オンライン中古CDショップ ほんやらどお
ほんやらどおのネット・ショップ

DartsPub
   IMA-GINE
ダーツショップ&パブ イマジン
イマジンのトップページ

DartsFan松本
DartsFan松本
長野県のダーツ情報サイト
初心者の為のダーツ講座もあります

Twitter IMA-NO
IMA-NOもTwitterやっています。

裏たいちの脳
DartsFan松本の人気コンテンツがblogになりました

人気Blogランキング
人気Blogランキング


PDC HOME

World Darts Federation

一般社団法人JSFD

Japan Darts Organization

Professional Darts Japan

PERFECT

Softdarts Professional JAPAN

野球の記録で話したい

  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    QRコード

    携帯用Blogはこちら

    QRコード

    IMA-GINE LIVE

    IMA-NO@IMA-GINE

    RSSフィード


      検索エンジン最適化
    • 最新記事のRSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。