中古CD屋、ダーツ屋を経営するオヤジの日記。 「IMA-NOダーツ日記」の続編です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




色々なブログが見られます。下記をクリックしてどうぞ。
人気blogランキング


<私が運営しているお店です>

・CD,DVD,レコード 売るのも買うのも
 中古CDショップ ほんやらどお

・ダーツ用品のネットショップ
 ダーツ屋どっとこむ

・松本市にあるDarts Bar
 Restauran,bar&darts IMA-GINE


「PDCに出るためには」って事で見て感じた事も含めて書きたいと思います。

本題に入る前に2年前にBlogに書いたコラムを読んで下さい。
世界のダーツに関して

イギリスには2つのプロ団体があります。
BDOとPDCです。
BDOは世界的な組織WDFに加盟していて、British Darts Organisationですので正しくは大英帝国連邦のプロ団体です。
一方PDCはProfessional Darts Corporationですから、イギリスって事を問わない株式会社なんですよね。
この辺も団体カラーが違ってくる要因なのかなと思います。


イギリスに着いた最初の晩に鈴木健太郎から色々な話を聴いたんですよ。
その中でPDCとBDOの話になり、
「日本だとどちらかに所属したらもう一方には出られないでしょ。でも、こっちはそんな事無くどちらも問題なく出られるんですよ。」
と言われたのが少し驚きました。

勿論関係は良くないんでしょうが、選手に対してのきまりは
「どちらかのワールド・チャンピオンシップで16位までに入賞したプレイヤーは、基本的に翌年他団体のワールド・チャンピオンシップには参加できない」
これだけのようです。
もっと選手に対して足かせが有るんだろうと思っていたんですが。

考えてみるとPDCはプロ部門しか持ちません。
最近はYouthの育成(どちらかと言えば発掘)にも力を入れているようですが。
イギリスで普通にダーツを始めたら、WDFに加盟しているEDO(England Darts Organisation)に関連した地域リーグや大会に係るのが最初ではないかと思います。
その後腕に自信が有りプロで一旗揚げるとなったらプロ団体に登録するわけです。
BDOはBDOでいいんでしょうし、PDCの場合はPDPA(Professional Darts Players Association)です。
PDPAはPDCに参加する選手の選手会になるのかな?

で、ここからPDCを目指す話です。
PDCを目指すと言った場合、「PDCの試合に出る」ではなく「PDCのビッグ・イベントに出る」ですよね。
PDCの試合に出るだけなら、PDPAに登録し予選に出ればいいわけです。
これは鈴木健太郎が今チャレンジしていますし、谷内太郎も何年か前にチャレンジしています。

日本人がPDCのビッグ・イベントに出為する為の方法をまとめてみます。

1. PDJで日本代表となりWorld Darts Championに出場する

正直なところ日本にいる限りこれが一番簡単で障害が少いでしょう。
PDJの関係者も同行しますし英語を覚える必要も有りません。
ただ、PDCから見たらゲスト的な扱いなんですよね。
今年のPDCのツアーカードに村松治樹の名前が無いんですよね。
ゲストだから最初からツアーカードが与えられないのか?
村松治樹がPDPAに登録していない為与えられなかったのか?
もう少し勝ち上がればもらえるのかもしれませんが。

誰か詳しい人がいたら教えて下さい。

2. Qスクールに参加しツアーカードを獲得する

PDPAに登録して毎年1月に開催されるQスクールに参加する。
今年ロイデン・ラムが獲得しましたね。
その情報で日本の多くの選手が「来年のQスクールは!!」と思っているでしょう。
Qスクールでツアーカードを取得できると2年間PDC Pro Tourにエントリーできるようになります。
全てのトーナメントにエントリー出来る権利が与えられると思います。
ツアーカードを持つ選手がPDPAの正会員のようです。

3. Qスクールでツアーカードを獲得できなかった場合

Qスクールに参加したけれどもPDCのツアーカードを取得できなかった場合、PDPAの準会員扱いになるようです。
ピーター・マンレイやバリー・ベイツも鈴木健太郎も現在ここです。
健太郎によりますとUK OpenとEuropean TourのQualifier(予選)に出られるそうです。
この予選に出て本戦への出場権を狙いましょう。


現状ではこれが日本の選手が狙えるPDCへの道でしょう。
14歳~25歳ですとPDC Unicorn Challenge Tourも有りますね。
それから別ルートですが、BDOのLakeside World Championで優勝すると招待されツアーカードが与えられるようです。(上記の決りは?)
現在PDCで活躍する多くの選手が、BDOのLakesideやWorld Mastersで結果を出しているんですよね。
BDOやWDFの大会で結果を出す事も一つの道でしょうね。

間違いが有りましたら詳しい方ご指摘下さい。


PDCチャレンジを優勝してWDCに参加する場合は英語が出来なくても何とかなるでしょうが、Qスクールを受けるのでしたら英語が出来るのは必須のように感じます。
すらすら話せなくても、相手の言っている言葉が聞き取れるようになる必要は有りますね。
PDCを目指すのでしたらダーツのレベルアップもですが、英語の勉強も必要だと思います。


先日PDJにはQスクールへの参加ツアーを企画してはどうかと要望を出しておきました。
もしPDJの方で出来ないようでしたらNew Darts Lifeの企画でもいいので、何とかQスクールに参加しやすい方法を考えたいですね。


次回もなにか書きます(笑)



このBlogとダーツ屋どっとこむのfacebookを「いいね」押してもらえると非常に嬉しいです。
 


スポンサーサイト




色々なブログが見られます。下記をクリックしてどうぞ。
人気blogランキング


<私が運営しているお店です>

・CD,DVD,レコード 売るのも買うのも
 中古CDショップ ほんやらどお

・ダーツ用品のネットショップ
 ダーツ屋どっとこむ

・松本市にあるDarts Bar
 Restauran,bar&darts IMA-GINE



管理者にだけ表示を許可する
http://imano.blog44.fc2.com/tb.php/1712-8d0f44c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 マニアの巣 ダーツ&CD店社長のBlog all rights reserved.
カテゴリー
月別アーカイブ

プロフィール

IMA-NO

Author:IMA-NO
「中古CDショップ ほんやらどお」、「DartsPub&Shop IMA-GINE」を経営しています。
画像は僕の顔からデザインして作ってもらった、IMA-GINEのシンボル・マークです。
ダーツのサイト「DartsFan松本」の管理人でもあります。

リンク

ダーツショップ
  ダーツ屋どっとこむ
ダーツショップ ダーツ屋どっとこむ
ダーツショップ

中古CD買取と販売
    ほんやらどお
中古CDショップ ほんやらどお
ほんやらどおのトップ・ページ
オンライン中古CDショップ ほんやらどお
ほんやらどおのネット・ショップ

DartsPub
   IMA-GINE
ダーツショップ&パブ イマジン
イマジンのトップページ

DartsFan松本
DartsFan松本
長野県のダーツ情報サイト
初心者の為のダーツ講座もあります

Twitter IMA-NO
IMA-NOもTwitterやっています。

裏たいちの脳
DartsFan松本の人気コンテンツがblogになりました

人気Blogランキング
人気Blogランキング


PDC HOME

World Darts Federation

一般社団法人JSFD

Japan Darts Organization

Professional Darts Japan

PERFECT

Softdarts Professional JAPAN

野球の記録で話したい

  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    QRコード

    携帯用Blogはこちら

    QRコード

    IMA-GINE LIVE

    IMA-NO@IMA-GINE

    RSSフィード


      検索エンジン最適化
    • 最新記事のRSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。